おーぷんふぃんがーぶろぐ。

☆お楽しみは、これからだ!!☆

カウンター
<< 肘鉄膝蹴パンチにビンタ…を耐える | main | making identity >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
真剣妄想20代しゃべり場…の試み
『こんにちわ、Puranaです。今回の私のテーマは「シモネタ話」についてです。昨今、シモネタを聞いて不快感を表す女性が減少しているように思えます。それでは、どこまでが許され、どこまでがダメなのかみたいなことを、真剣に妄想ディスカッションで話し合ってみたいと思います。』

Purana(以下P)『こんにちわ。』
一同(妄想上の人物ら)「こんにちわ。」
P「今日は最初なので、自己紹介から始めたいと思うのですが。」
。諭屬修Δ任垢諭俺はM、真面目だけど目立ちたがり屋です」
■繊屬─△┐函張僖叩▲僖愁灰鵑汎鷦仝気あれば生きていけるAです。」
O「きゃはっ、コイツきも〜ぃ!」
A「e…」
P『そういう発言は脳内だけにしてくださいw』
O「ぁっ、ごめんなさ〜ぃ!!あたしはOっち☆紅一点なんだョ!」
ぃ如峅兇錬如6擇通っていないのはキライです。」
ィ邸屮椒はE!!とにかくエロイんでよろしくり○りす、うはっw」
一同「…」
P『後は…』
Γ函屬呂ぁ庁箸任后帖
P『…はい。では私を入れて総勢7名、みなさんよろしくお願いします。早速本題に入りましょう。皆さんシモネタは好きですか?自由に意見をおっしゃってください』
E「あたりきしゃりき!」
M「古ッ!」
E「いいじゃん、キミも好きなんだろ?」
M「まぁ、自分から話そうとはしないけど、キライではないね。Gは?」
G「俺は女の前では…」
O「か〜わ〜ぃ〜ぃ〜☆」
G「…。」
P『赤面してるじゃないですかw では、Aくん、Hくんはどうですか?』
A「自分で言うより、言わせる方が興奮するけど」
H「…分からないです。」
O「そぅぃぅPuranaはどぉなの?何かムッツリっぽぃょネ〜〜w」
P『今回はまとめ役に徹したいのであまり私に振らないでくださいw ただ、ムッツリだとは思われたくないから、最近は比較的オープンに使っていますね』
O「空回りしちゃってそぉ〜ww」
P『…まぁ、そういう感も否めないですがw 女性の意見を聞きたいですね』
O「ん〜、その場のノリかなぁ…ぁたしは好きだし、男友達ともょく話すけど。ぁっ、でもキャラって大事かもしれなぃ!」
M「キャラ?」
E「エロキャラなら許されるってことなんかな?俺得ジャンww」
O「ぁんたは単にェロ過ぎてキモィょ」
E「え〜マジショック!!」
一同「(笑)」
O「何てぃうのかなぁ、やっぱりぃ、サラッと言える人のェロ話って、ぁんまりェロく感じなぃっていうかぁ…」
H「…つまり、僕とかAみたいな人が急に言ったりすると、気持ち悪く感じたり、流すのが難しかったりするんだよね?」
A「え…」
O「そそ、そんな感じ!!ぁんたしゃべらなぃキャラじゃないんだねw」
H「いや…思っただけ…」
A「何で僕が言っちゃあいけないんだYo!!!!」
O「それがチョーキモィ」
A「クックッ、ま、僕は言うより言わせたい方ですからいいんですけどね…今日も○○チャソに言わせちゃうぞ(プゲ」
一同「…」
P『そのネタは前もやったので、あんまりそういうことを言わない方がいいですよ、マジで』
A「ごっ、ごめんなさい…」
G「…じゃあ、キャラ的に言えば、EやMが言うシッ、シモネタは許せるってこと?」
O「簡単に言えばそぅだね〜、逆に、Gみたいなキザ系キャラが言っちゃうと、ぁんまりシャレんなんなぃんだょねぇ」
G「なるほど…そっか…」
E「意外と残念そうじゃんw」
P『もし、シモネタが言いたいなら、サラリと言えるキャラ作りが大切なんですね。今日は短い時間でしたが、ありがとうございました。』

(登場人物は全てPuranaの脳内で妄想された人物で、物語は実際にあった話を組み込んだフィクションです)
――――――――――――――――――――

さて、どうでしたでしょうか、真剣妄想20代しゃべり場。えっとですね、この話はボクの脳内で繰り広げられたものなんですけど、ネタ元は現実であった話からです。と言うのも、今日ご飯時にゼミ仲間と話してて、こういう話題になって、結局その人のキャラだという結論に達しまして。シモネタ許されるキャラってちょっと得なような気がしますね。そういう子がいるんですよ、かっこよくて…オイ、でもジェラシーちゃうぞ?
ボクですか?ボクは相手によってまちまちなようです…結構カワイイキャラなんだよなぁ、学校ではww
いやいや、だって言われたんだもん、仕方ない。ちょっと性同一性障害が入っているのかもしれませんw


でも、

O(女キャラ)の台詞考えるたびに、人を捨てた気分になりました

A(アキバ系キャラ)の台詞考えるたびに、人として情けなくなりました


そんなボクは現実で、すでに人として失敗していますか?




PS,もう絶対こんな試み試したりしない。キャラとか使いこなすには時間が要る。えらい面倒なこと試してみたもんだなぁ…

しかもキモイし、何か自分で読み返すのすら躊躇うし、もうやだ。
でも何か消すのもったいないし時間もないし、うpしまつw


あ、あと、最近いつも表示されてる下のバナーは、Blogランキングのものです。アクセス数アップ目指してるので、よろしければクリックしてやってください☆お願いします☆

| Purana | - | 02:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 02:59 | - | - |









http://purana.jugem.cc/trackback/43
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

このページの先頭へ